一般皮膚科

一般皮膚科

一般皮膚科、皮膚外科、すべての年齢に対応した皮膚に関するアレルギーの診療を行っております。
保険診療だけではなく、保険外診療まで広く皮膚に関しての診察をおこなっております。またアトピー性皮膚炎や乾癬・白斑などの特殊治療のための機材を導入、アレルギー検査等、各種検査を行うための設備を整え、水準の高い治療の提供を目指しています。小さなお子様からお年寄りまで皮膚に関することはなんでもご相談ください。

診察メニュー

  • 一般皮膚科
  • アトピー性皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • イボ
  • とびひ
  • 虫刺され
  • 水虫
  • 巻き爪
  • ニキビ
  • 円形脱毛症
  • 口唇炎
  • 口内炎
  • 帯状疱疹
  • 白斑
  • 乾癬
  • 掌蹠膿疱症
  • ヘルペス
  • 各種性感染症
  • 火傷
  • 【保険外診療】
  • にんにく注射・プラセンタ注射
  • 男性型脱毛症
  • 陥入爪の治療
  • 一般皮膚科
  • アトピー性皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • イボ
  • とびひ
  • 虫刺され
  • 水虫
  • 巻き爪
  • ニキビ
  • 円形脱毛症
  • 口唇炎
  • 口内炎
  • 帯状疱疹
  • 白斑
  • 乾癬
  • 掌蹠膿疱症
  • ヘルペス
  • 各種性感染症
  • 火傷
  • 【保険外診療】
  • にんにく注射・プラセンタ注射
  • 男性型脱毛症
  • 陥入爪の治療

症状別解説

かゆみ

■考えられる原因

アトピー性皮膚炎、じんましん、あせも、虫刺され、とびひ、乾燥性湿疹 等

かゆみを感じる時、掻くということで一時的にスッキリするかもしれませんが、細胞が刺激されかゆみの原因物質の分泌が促され更にかゆくなるという悪循環がおこります。皮膚を掻く事は皮膚バリア機能を低下させることにも繋がります。
かゆみは起きているときは我慢できても、寝ている間に無意識にかきむしってしまうことがあります。
かゆみの症状がでたら我慢しすぎずぜひ一度皮膚科で受診することをお勧め致します。生活指導から軟膏の塗り方までわかりやすく説明致します。またアトピー性皮膚炎に関しては紫外線治療も行っております。

できものができた・ぶつぶつ

■考えられる原因

毛包炎、ニキビ、皮膚腫瘍(粉瘤、脂肪腫)、イボ(脂漏性角化症)、皮膚癌 等

ウオノメであると思っていてもウィルス性イボであることもあり、このような場合、放っておくとうつるものもあるので早めの治療が必要です。
ミズイボ、とびひなどはお子様によく見られる皮膚疾患ですが、同様にどちらも感染力をもつ皮膚疾患です。
できものの原因として皮膚癌もあげられますがイボやほくろとよく似ているため、症状を見過ごしてしまうことも多いです。当院では皮膚癌の早期発見に有効なダーモスコピーを用いて診察致します。
できものは自分で判断することはなかなか難しく、このように中にはうつるものや早期発見が重要になるものもあるので注意が必要です。
イボ以外にもニキビの診察を保険診療の対象として行っておりますのでお気軽にご相談ください。

皮がむける

■考えられる原因

水虫、汗疱多汗症 等

水虫の症状で最も多いのは皮がむけることで、かゆみを伴わない場合でも水虫であることもあります。最近では男性のみならず、女性や子どもの水虫の患者様も増えています。
水虫を放置すると爪にうつり爪水虫になることも考えられます。ただし皮がめくれるからといって水虫であるとは断定できず、汗疱性湿疹のような疾患である可能性も考えられます。水虫検査をすればその場ですぐ分かるので気になる方はお気軽にご相談ください。

いたみ

■考えられる原因

帯状疱疹、ヘルペス、炎症性粉瘤(エンショウセイフンリュウ)、癤(セツ) 等

皮膚がチクチクする、ムズムズすると感じたらヘルペスの初期症状かもしれません。口唇ヘルペスは繰り返すことが多いのでこのような前兆を感じたら早めに治療すると治りが早くなります。帯状疱疹も初期症状はチクチクした痛みですが、数日後には赤みがあらわれ水疱もあらわれます。ウィルスは神経を通って皮膚に出るため、激しい痛みを伴うことが多いです。皮膚に異変を感じたら早めに皮膚科を受診することをお勧めします。

脱毛

■考えられる原因

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)の主な原因は、一般的に遺伝によるものと男性ホルモンの影響と考えられています。男性型脱毛症(AGA)は、放っておくと進行は止まらない進行型のもので、だんだんと薄くなったり抜けていったりします。 早めの対処が必要になってくる疾患です。当院では内服薬を用いた男性型脱毛症の治療を行っております。症状に合わせた治療薬を処方致します。なお、男性型脱毛症の治療は保険適用外となります。お薬の料金は下記のようになっております。

プロペシア 8,400円(28日分)
フィナステリド 6,480円(28日分)
ザガーロ 9,720円(30日分)

当院で行なっている検査

プリックテスト

食物、花粉症、動物、ほこり等のアレルギー反応をチェックすることができる検査です。プリック針という痛みのない針で皮膚を少し傷つけアレルゲンを乗せる検査です。15分から20分程度で検査結果がでます。危険が少ないため乳幼児にも簡単に行うことができます。

パッチテスト

繰り返す湿疹やかぶれの原因は血液検査ではわからず、調べるにはパッチテストが最も有用です。背中や上腕に貼り、炎症反応を見ることにより金属、ゴム等の計24種類のアレルゲンを検査することができます。

ダーモスコピー

特殊な拡大鏡を用いて皮膚の状態を詳しく観察することによりほくろの性質を判断します。痛みも伴わず保険も適用されている検査です。

当院で行なっている特殊治療

ナローバンドUVB エキシマライト

当院で行なっている特殊治療

当院で行なっている特殊治療

■対応症状

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、白斑、掌蹠膿疱症

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、白斑、掌蹠膿疱症といった皮膚疾患は従来の外用や内服療法では効果が乏しい症例もあります。このような慢性的に経過する皮膚疾患に対し、紫外線を皮膚に照射することで、難治な皮膚疾患の治療効果を上げることができます。
当院では「ナローバンドUVB」と「エキシマライト」での紫外線治療を行っております。「ナローバンドUVB」は身体全体に照射する機器で「エキシマライト」は病変部のみに照射できる機器となっており症状に応じて使い分けて治療致します。
治療中は多少の熱感を感じる程度で痛みはなく、治療後も軽度のほてり感や赤みが出る場合もありますが、日常生活上で負担になるような副作用は特にありません。保険適用内で治療することができるのでご自身の皮膚疾患が治療の対象になるのかをお聞きになりたい場合は診察時にご相談下さい。